FC2ブログ

Windowsキー操作探検隊

マウス操作が当たり前のWindowsの操作をキー操作だけでどこまで可能かを探検していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外枠罫線の簡単な作成方法

Microsoft-Excelで表の外枠を作成するには、「キー操作による「ツールバー」へのアクセス」のところでもご説明しましたように、「ツールバー」の「罫線(のドロップリスト)」から適切な罫線を選択して実行します。
ただし、特に太い外枠罫線の必要がない場合には、ショートカットキーを利用すると比較的簡単に外枠罫線を引くことができます。

外枠罫線を引くためには、まず、罫線で囲みたいセルの領域を指定します。
領域の指定は、「Shift」キーを押さえながら上下あるいは左右カーソルキーを使って行えますが、データが入力してあるセルを一度に選択したい場合は、
「Ctrl」キーと「Shift」キーを押さえながら「:(コロン)」キーを押します。

入力したセルすべてではなくて、途中のセルからデータが入力してある最後のセルまでを一度に指定するには、領域指定を開始したいセルに カーソルを移動し、その状態で「Ctrl」キーと「Shift」キーを押さえながら「End」キーを押します。

以上の操作で、外枠で囲みたいセルの領域は指定できましたので、次に、
「Ctrl」キーと「Shift」キーを押さえながら「(フルキーの)6」 (「テンキー」の「6」では「不可」です)を押します。すると、指定した領域を囲む外枠罫線が作成されます。

なお、作成した罫線を削除するには、「Ctrl」キーと「Shift」キーを押さえながら「_(アンダーライン)」 キーを押します。
  1. 2007/08/06(月) 12:57:18|
  2. Microsoft Excelのキー操作
  3. | コメント:0
<<セル内のデータの配置(左揃え、中央揃え、右揃えなど)の指定 | ホーム | 画面の拡大表示>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

BTOパソコンのフロンティア

節電のお願い

義援金関連情報

ブログ検索

「Windowsキー操作探検隊」・目次

  1. パソコンの基礎編
  2. Windowsのキー操作編
  3. Microsoft Wordのキー操作編
  4. Microsoft Excelのキー操作編
  5. 操作映像の録画

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。